HOME Management
私、新しいサイト始めます。その名も!!

管理釣り場で100匹釣るための爆釣サイト 100匹釣りドットコム

爆釣請負人(←コレ私)が100匹釣るためのノウハウを全公開。
とにかく近日オープン(するつもり)!!

メール登録してくれた人には
「5時間で100匹釣ったニジマスを狂わす秘密のフライ」
クレジーシリーズを抽選でプレゼントしますぞ!

詳しくは100匹ドットコムを見てね(はぁと)

スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

コックデレオン・ヘンネック 

 
行きつけのプロショップへちょっと行ったときに、店主のYさんに「今日とっても良いハックルが入ってきたのよ(はぁと)」と囁きかけられます。マテリアルフェチの私としては、この手のささやきにとても弱いのであります。

どれどれと見てみるとホワイティングの「コックデレオン・ヘンネック」が3枚ほどあります。前からちょっと欲しいなぁと思い、プロショップへ行くと必ず探していたのですが、なかなか見つからなかったマテリアルです。気になるお値段も\2,700と今日の私でも変えちゃうお値段!

マテリアルとは一期一会。「次にきたときに買おう」と思い、手に入れ損なったマテリアルがどれだけあるか!当然。お買いあげです。

初めて使うマテリアルなので、特徴を調べてみました。ホワイティングのヘンネックと比べると、ファイバーはかなり長め&ストークは短めです。小さなサイズのフライはちょっと辛いものがあるかもしれません。ファイバーの張りは、コックネックより柔らかく、ヘンネックより堅いという印象です。色は、ダンカラーにマダラ模様が入り実によい感じです。

コックデレオンヘンネック1


ファイバーの長さが特徴的で、普通は根本の方が長く、先端に行くに従ってだんだんと短くなっていくのですが、コックデレオンはちょっと違うようです。根本付近が短く、先端に行くに従って微妙に長くなっていくような構造になってます。初めは気付かなかったのですが、ウエットフライのボディハックに使おうとタイイングし、完成したフライを見てなんか格好悪いなぁ・・・と、よくよく見てみると、ハックルの長さがアイ側より、ベンド側の方が微妙に長くなっちゃってます。
コックデレオンヘンネック1

左がホワイティングのヘンネック。右がホワイティングのコックデレオン・ヘンネック。ファイバーの長さが同じくらいの所からとると、こんなにストークの長さが違う。

コックデレオンヘンネック1

先端に行くに従って、微妙にファイバーが長くなる。

逆から止めてタイイングしてみたいのですが、ファイバーの長さに比べてストークが短いのでどうも使いにくいものがあります。色が実によいだけに惜しいものがあるのですが・・・。ボディーハックルはあきらめて、スロートハックルに使って見たのが、下のフライです。実に釣れそうなのであります!
コックデレオンヘンネック1

コックデレオンヘンネック1

他の使い道としては、ソフトハックルやパラッとしたハックリングをしたいドライフライなどには良いマテリアルではないでしょうか!
スポンサーサイト
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

解禁! 

 
解禁!

なんて言い響きの言葉なんでしょう!3月になると多くの川や湖が解禁するのであります。
最近は、解禁日にどこかへ釣りに行くことはないのですが、やっぱり良い響きなのであります。

「解禁」

それは、初めてソープに行ったときのようでもあり、25年前に初めてあの娘とデートしたときのようでもあるのです。まあ、早い話が「トキメク」のであります!
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

フィッシュオン王禅寺 

 
昨日、11時から2時までの3時間コースでフィッシュオン王禅寺へ出撃してきました。まあ、平日の昼なんできっとがらがらで、LLニンフィングでラインをどんどん流しちゃったり出来るだろうと思い、着いてみてビックリ!なんと、フライポンドは5m間隔で人が並んでいて、入る場所を探すほどの大混雑なのであります・・・。

しかし。この人達はい~んでしょうか!?平日の昼間から釣りなんかしていて!?果たして日本経済は大丈夫なんだろうかと、自分のことはさておき、一応心配したりもしてみます。

今日は、最近F師匠に直伝してもらって以来こっているLLニンフィング一本です。いつもなら押さえてとしてBLニンフィング用のタックルを持ってくるのですが、今日の私は違います!そんなのは全部家に置いて来ちゃってるのです。

フライポンドでなんとか入れそうな場所を見つけて始めてみますが、なんせラインをちょっとでも左右に流すとすぐに隣の人のじゃまになっちゃいます・・・。3投ほどして1匹釣れたところで、ルアー&フライのミックスポンドへ移動します(こっちの方が若干すいていた)。

今日のシステムは、LLニンフィングなので当然フローティングライン、ロッドはオービスPM10#6。フライは最近お気に入りのブラックスカッド#10。12ft4xリーダーに6xティペットを50cmほど付けて水面下1m~1.5mほどを狙います。

流れは、足下から5m位にポンドにしては強めの左から右への流れがあり、その向こう側はほとんど流れはありません。ラインを15mほどキャストすると、当然手前側が強いのでラインは足下から右側に持って行かれます。右側に人がいなければ、ラインを出しながらそのまま流すところなのですが、そうもいかないので左側にメンディングしつつ徐々にラインを流しながら、メンディングで手前側によった分を、ゆっくりリトリーブするような流し方をします。

2投に1回は当たり、当たりがあった内の1/3位は釣れるような状態がしばらく続きます。しかし、軽い当たりがあるのにラインを引き込まない、あるいは引き込んでもすぐに離してしまうような当たりが遙かに多いのであります。釣れた魚にフライがフッキングしている位置を見ても、ほとんどが口先、あるいは口の外側にかかっていて、完璧に魚の食べたい状態にフライがなっていないのがわかります(この辺りを考えられるところに若干成長の跡がうかがえる私なのです)

この当たりの出方はたぶんフライのタナがあってない・・・と、ティペットの長さを色々と変えてみますがなかなか思ったような、展開になってくれません・・・。では、フライの色なのかと黒→オレンジ→緑→白とローテンションしますが、状況は余り変化ありません。

そうこうしているうちに、時間は終了15分前。ここで、確実に底を探れるシステムに変えてみます。リーダーはそのままで、ティペット6xを1.5mほど。フライはBLニンフィング用のサスペンドフライ。フライから40cmほどの所に4のショットを一つ。

15mほどキャストし、メンディング&ラインの送り出しでフライを底まで沈めます。すると!いままでは軽い&引き込んでもすぐに離す当たりがほとんどだったのですが、今度は見事にラインを引き込みます!フライがフッキングしている位置も、バッチリと口の中にかかっています。これです!これ。フライを魚が食べたいタナに、食べたい状態で流せたときにフッキングする位置です。結局残り15分間でこの釣り方で7キャスト7フィッシュ!完璧でした。

タナの違いによってあんなにフライに対する反応が違うとは!今回の王禅寺はとってもよい経験になったのであります。しかし、もう少し早く対応できなかったのが悔やまれるのであります!次こそは!!
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。