HOME Management
私、新しいサイト始めます。その名も!!

管理釣り場で100匹釣るための爆釣サイト 100匹釣りドットコム

爆釣請負人(←コレ私)が100匹釣るためのノウハウを全公開。
とにかく近日オープン(するつもり)!!

メール登録してくれた人には
「5時間で100匹釣ったニジマスを狂わす秘密のフライ」
クレジーシリーズを抽選でプレゼントしますぞ!

詳しくは100匹ドットコムを見てね(はぁと)

スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

大鱒を巡る 

 
大鱒を巡る―本州のワイルド・トラウトをねらう全12河川徹底詳細マップ付きガイド (別冊つり人 Vol. 232)

主に東日の名だたる流のガイドです。紹介河川は12河川。

・秋田県:子吉川,玉川
・岩手県:閉伊川
・新潟県:魚野川
・長野県:犀川
・福井県:九頭竜川
・群馬県:利根川
・埼玉県:荒川
・岐阜県:長良川,高原川
・山梨県:桂川
・天竜川:天竜川

このガイドブックお値段¥1,800とちょっと高めですが、内容はかなり充実しとります。各河川の命区間と思われる部分の詳細な地図に加え,各ポイント解説,駐車スペースなど、ある程度その川へ通っていないと手に入れられない情報が掲載されとります。

特に駐車スペースや入渓点など、知らないと探すのに手間取ってしまい釣り場でストレスになる情報が網羅されているので、初めての川やポイントでも時間を有効に使えるのががありがたいところです。それに見やすいカラーマップと各ポイント毎のカラー写真などを考えると、流をやってみたい釣り師にとっては価値がある一冊です。手元に置いておけば釣行前に気になることのかなりの部分を解決できるはずです。

ワタクシは1週間ほど前に本屋で見かけたときに買っておいたのですが、2~3日で本屋の店頭から在庫が消えました。この手の本にはかなり珍しい売れ方をしとります。あのとき迷わず買ったワタクシをほめてあげたい<今のワタクシ。
スポンサーサイト
釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

オーパ 

 
解禁したのに釣りに行けない私は、日々悶々としております。釣友から届く、初釣果の便り・・・。まるで、落ちていたエロ本を見つけ、部屋に持ち帰りこっそりと見ていた少年時代のように、悶々とするのであります。

で。せめて、サイトの更新をしようかしらと・・・思ったのでありますが、なんせ釣りに行っていないので釣行記は書けない、タイイングテーブルが仕事机になり、フライも巻けない状態なのでタイイングも出来ず・・・。

何かネタはないか!っと言うことで、釣り関係の本の話題をブログで書いていこうかと思い立ったのであります。こう見えても、おねいさんと同じくらい本は好きなのであります。釣り関係本だけで本棚一個分あります。

っと言うことで、一冊目はこれ以外考えられないのであります。

釣りに行けないときは誰にでもあります。川へ行きたくて、窓の外ばかりを見ているときは誰にでもあります。そんなとき、この本を手に取っていただきたい。開高健「オーパ」であります。

今でこそ、あまり珍しくなくなってきたアマゾン釣行でありますが、1977年当時、アマゾンへ釣りをしに行く。しかも60日間、移動距離16,000キロ。は・じ・けているのであります。退屈しているときには、どこかは・じ・けている物に触れないと、心が錆びちゃうのであります!

ブラジルでは驚いたとき「オーパ」と言うそうであります。

例えば、気合い充分で行った川の帰り道、当たりも気配もなし。魚の姿すら見ていないという男らしい「ボ」を成し遂げ、一体この釣行にいくら金を使ったのかしら??っと指折り数えてみて、指の数分の1万円札を川の水に流してしまったことに気付いた瞬間、少し青ざめた顔で「オーパ」っと呟いてみたりするのであります。

それは。さておき心が錆びちゃう前に手に取らなければいけません。

釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

The Fly Tier's Benchside Reference 

 
「The Fly Tier's Benchside Reference:フライタイイング・テクニック全書」。A4版、オールカラー全436ページ。436ページ全てがフライタイイング、しかもトラウトフィッシングに使うフライを巻くためのテクニックについての記述なのであります。
00018.jpg

この本を手に取り、本文の一番最初。フックのバーブをつぶす方法について書かれているのでありますが、なんとたかがバーブをつぶす方法について「平行ピンチ法」「垂直ピンチ法」「バーブを削る」と3種類も乗せてあるのであります。

しかも平行ピンチ法、垂直ピンチ法はペンチでフックを平行に挟むか、垂直挟むかという違いだけ、しかも念の入ったことにこうやって挟めと写真がそれぞれ2枚ずつついてます。

まあ、ハッキリ言ってバーブつぶすのにペンチでどうやって挟もうがど~でも良い話なのであります。しかし、このど~でも良いような念の入ったこだわりが436ページ全編にわたって繰り広げられるとなると、話は違ってくるのであります。

例えばフライのテールに付け方について、27種類もの方法を写真入りで解説していたり、フライのボディの作り方に至っては142通りのメソッドを解説しています。

早い話が、徹底しているのであります。マニアなのであります。よっぽどフライタイイングが好きではないとできない仕事なのであります。尊敬します。

お値段もマニアでなければ手がでない,15,000円。徹底しているのであります。つい買ってしまった・・・。私。

釣りブログランキング参加中。
1位になりたいなんて調子にのっておりました。
ただいま急降下中の10位(涙)
から奇跡のV字復活 生涯初の2位!
と思ったらビックリしたな1位だよ。
滅多にないことなのでポッチっとしてよ~く見ておいてね(はぁと)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。